急がず 休まず 諦めず 2 (スズキ・メソード岡野ピアノ&ヴォイス教室主催)

前回、私がスズキ・メソードに出会ったところまで書きましたね。
その続きです。

「愛に生きる」鈴木鎮一 著
私の人生が変わった本の名前です。鈴木鎮一先生の名著。

もう
なんども何度も読んだので
ボロボロになっていますが
今でも時々紐解いています。

赤ちゃんが言葉を覚える時のように
そう
言葉を覚える時は
どの子も
落ちこぼれがありません。
大阪で育った子は関西弁を上手に喋れますよね

「どの子も育つ 育て方ひとつ」
(相馬こどもオーケストラのエルシステマ も、スズキ・メソードと深く関わっています。)

こんなスズキ・メソードの素晴らしさを知り、
25歳で生まれた長女をスズキ・メソードのピアノの先生につけて、
私自身もスズキ・メソードのピアノの先生になるべく勉強を始めました。
32 歳で 4 人の母親になる。
子供の手をひき、おんぶして、スズキ・メソードのピアノ指導者講習会に通う。

昭和62年、茨城県守谷市に転居。
防音室を作り、スズキメソードピアノ教室としていよいよレッスン開始。
守谷に転居後 5 人目の娘が生まれ、5人の子供の母親になる!という私の夢が実現💕

お教室も生徒さんが増え、子育てに追われながらもレッスンを続ける中、 1996 年夫がバンコクに転勤。
・大学生2年 ・高校生2年 ・中学生3年 ・小学生6年 ・幼稚園生 
の 5 人の子供たちを連れて、一緒にバンコクへ行くことを決意。
子供達はそれぞれバンコクの大学・高校・中学・小学・幼稚園に通う。大学から幼稚園まで全部の学校を網羅(笑)

慣れない異国での生活を続ける中、起き上がれないほど体のだるさを覚え、病院へ。
そこで副腎腫瘍が見つかり、副腎摘出手術をバムルンナット病院で受ける。
病気がわかった時は、死をも覚悟したが、幸い良性腫瘍だった。ただ自分の命の終わりを見つめる貴重な機会となる。この時の経験が、今の緩和ケア病棟での音楽ボランティアにつながっている。

その後、五人の子供は独立し、自分の時間を持つことができるようになり
現在は川崎でスズキ・メソードでのピアノ&ヴォイス教室を開いている。
「音楽で人を育てる」とおっしゃっていた鈴木鎮一先生のお言葉を大切に
5人の子育てをした経験も踏まえて、レッスンを続けています。

世界74カ国 40万人に広がっているスズキ・メソードをご紹介しながら
5人の子育てをした経験も踏まえて、
お稽古事、ピアノ・歌のレッスンについて、子育てについてなど
皆様とつながっていけたらと思っています。

前回の記事は以下をクリックすると読めます。

関連記事

  1. 【ハッピー子育てのススメ!MI講座オープン】

  2. 未来を生きるあなたに

  3. 夢を叶えた! 〜一言も英語がはなせないのにオランダへ渡る〜(前編)

  4. いっくんパパの子育てお困り日記

  5. 『最後の伝令』:「勇気、絆、人の愛」をテーマに事実を基に書き上げた、ノンフィクションストーリー

  6. 【子育てにおける食】味覚が鋭いこどものうちに本物の味を教えましょう!~味覚のピークは12歳くらいです~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。