女性の再就職について

こんにちは。 ライフキャリアカウンセラー丸山裕代です。

今日は女性の仕事の再就職についてお話ししたいと思います。

キャリアカウンセラーとして、よく相談でうけるご質問では、 「しばらくブランクがあるんですが、大丈夫でしょうか。」 「今まで販売の仕事だったのですが、子育てがあるので土日休める仕事にしたいんです。

事務職は未経験ですができますか。」 などがあります。

そんなみなさんに、まず伝えたいことは、「大丈夫ですよ」ということです。 ブランクがあっても、そのブランクの間に、子育てを通じてあなたにしかできない経験をしています。

例えば、PTAで役員をやったこと、地域の子ども会の活動をした、ママサークルでイベントをやった、ボランティア活動をした、そんなこともすべて立派な「キャリア」になります。

キャリアとは英語で「轍(わだち=馬車が通った跡のこと)」の意味。 馬車が通ったあと、後ろを振り返ると、車輪の跡がくっきりついてきますね。その跡のように自分の生きてきた軌跡(つまり経験)を指すといわれています。

キャリアカウンセリングでは、みなさんがこれまで経験をしてきたこと=人生を「キャリア」と位置付けています。 様々な経験を通して、みなさんはどこでも、どの時点でも「働く」人として必要な「ポータブルスキル(どこでも役立つ運び可能なスキル)」をすでに身に着けています。

例えば、育児や家事は、タイムマネジメント能力を養いますし、PTA活動や地域の活動は幅広い年代の親御さんたちとのコミュニケーション能力を培います。

この2つの能力は、どの会社で働くことになっても必要な「ポータブルスキル」になります。 再就職する職務が、あなたにとって、たとえ未経験であっても、こういった「ポータブルスキル」をアピールして転職活動をしていくこともできます。

また、未経験であれば、その取り組みたい仕事に、自分にとって親和性の高い経験がないかを探してみます。 例えば、販売職から事務職へ転職したいとすれば、売り上げ管理や売上金の入力、伝票整理、など事務的な仕事も思い返せば、普段の生活で実際にしていることが多いはず。そういった経験をアピール材料にする、ということもできます。 どんな仕事もみな、最初は未経験からのスタートです。

ブランクや未経験も、そういった人生経験を重ねてきたママならではのアピールを利用しながら、少しずつステップアップしていくことはできます。 その時に大切なのはいきなりジャンプしないこと。

例えば、事務職であれば、最初は多少条件が悪くても、「事務経験」と職務経歴書に書けるパート事務から始めて、経験とともにPCの実務能力を身に付けたり、簿記を勉強するなど少しずつ自分のできるオプションを増やして、次により条件のよいフルタイム事務職に転職をする、というように段階を踏んでキャリアアップしていきましょう。 キャリアカウンセリングでは、そういったみなさんのすでに持っている「強み」や「良さ」を一緒に発見したり、これまでやってきたことを棚卸をしたり、これからやりたいことを明確にしてくお手伝いをしています。

もし、みなさんがご自分のこれからの働き方について悩んだり、自分の強みって何だろうと思ったりしているのであれば、ご相談してみてくださいね。

【プロカウンセリング】 【キャリアカウンセリング相談】

プロフィール

丸山裕代 ライフキャリアカウンセラー 

一般企業での勤務の傍ら大学で心理学を学び、NPOにてシングルマザーの相談業務に10年以上携わっている。その経験から女性のキャリアビジョンやライフプランの必要性を感じ、自治体を中心に全国でライフプラン講座やキャリア支援講座を行うほか、個別のキャリアカウンセリング、ライフカウンセリングを行っている。また4000件以上の夫婦・家庭相談の実績から、実践に役立つカップルカウンセリングやママのためのメンタルヘルスカウンセリングなどついても幅広く相談を行っている。 国家資格キャリアコンサルタント、社会福祉士、産業カウンセラー、日本心理学会認定心理士

関連記事

  1. アロマリンパセラピー

  2. 認知の歪み ~ 自動思考の落とし穴 ~

  3. いっくんパパの子育てお困り日記

  4. 『現在の経済状況について』ー株価の現状

  5. さりげなく、エレガントに♪ 〜1〜

  6. 言葉の国のアリス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。