子育て奮闘記 昭和の母編

【すみれの子育て記】

はじめに

 これは,昭和12年に,妾(めかけ)の子として生まれ,養子に出された末に養父母に育てられた,私の子育て記である。

 初めの夫とは,二十歳前に駆け落ちをし結婚した。子供が生まれるとDVを受けるようになり,耐えきれなくなった私は,着の身着のままの逃亡生活を何度も繰り返した。

 幾度とない逃亡の末,2人目の夫と結ばれた。彼は優しかったし,子供の面倒見も良かった。二人で始めた商売も軌道に乗り,ようやく少し蓄えもできるようになった。

 しかし,安息の日は長くは続かなかった。彼は金銭にルーズだったため,私の知らないところで,安易に連帯保証人になったり,金額を記入しない小手形を発行していた。人が良すぎるのと,懐の大きい男を演じたかったのだろう。

 その行く末は,火を見るより明らかだ。気づいたときには,コツコツと貯めた蓄えはあっさり底を付き,逆に誰のものかわからない借金に追われた。再び貧困のどん底に叩き落とされたのだ。

 私と子供達は,過酷な取り立てに怯えた。電話にも来訪者にも,怖くて応答できない。2人目の夫と縁を切った私は,私に降り掛かった借金を長期返済で返しつつ,なんとか5人の子供を育てた。

 貧しい時代であったが,その中でも,どん底の生活だった。食うに食えずで,自分は水を飲んで何日も凌いだ。それでも,「自分はどうなってもかまわない。子供達だけは何としても育てる」と,死にものぐるいで働いた。

 駆け落ちしたため,親の支援は望めず,帰る家もない。寒さや飢えに加え,雨が降ろうものなら,体温は低下し,思考も混濁する。死の感覚はいつも身近だった。何か鋭気を失うきっかけがあれば,簡単に一線を越えられそうだった。何度も死のうと思ったが,今思えば,多くの人に支えられて,今日まで生きながらえることができた。

 今では苦労を掛けた子供達も立派に育ち,こんなにダメな母親に,せっせと親孝行をしてくれている。私の苦労が報われ,今は貧しいながらも,子供を自慢できる幸せな時を過ごしている。

 時代は流れ令和となり,日本は豊かになった。だが,格差や片親世帯の貧困層は拡大している。経済的困窮に陥っている親は未だに多いという。また,DVは未だに猛威を振るい,泣き寝入りしている方も多い。  

さらに,現代は核家族化が進んだことから,相談できずに子育てに悩んでいる方も多い。 時代は変わったとしても,昔同様,子育てに悩む親は多いことであろう。  

このブログを読んでいただくことで,何かの励みになるならと,恥じを偲んで自分史を公開するこにした。私と同じような不遇に,必死にあらがい生きているお母さん,お父さん。

それでも,心が折れそうになることはあるでしょう。そんな時に,この私の七転び八起の連続の生き方が,一人でも心の支えになれたなら,望外の喜びである。

                                以  上

マム・サポーター  柴里 すみれ

[ライター;天空 流星]

関連記事

  1. 『写真撮影時に,ストローを使って笑顔を作る』

  2. 子育て奮闘記 令和の母編

  3. 福島でタイガーマスク運動~ランドセル&紡ぐ愛の贈り物

  4. 夢を叶えた! 〜一言も英語がはなせないのにオランダへ渡る〜(後編)

  5. 「学習をデザインする♪あなたもTOIEC900点になれる!」

  6. 夢を叶えた! 〜一言も英語がはなせないのにオランダへ渡る〜(前編)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。